マーケティングの“苦しみ”そして、“快感”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングの仕事って、
自分のアイデアを具体的な企画や戦略に
落とし込んでいく時の“苦しみ”がある一方、
それが“パシッと”はまって、
大きな反響を呼んだときの“快感”は
何ものにも替えがたいものがありますよね。

みなさまもよくごぞんじかと思いますし、
私もかつて通販会社に勤務している間に、
それを何度も経験したものです。

私はいつしか、この“快感”を自社に縛られることなく、
多くの優れた経営者やマーケターの方々と
共有したいと思うようになっていました。

お客様と同じ目線から
マーケティングの“苦しみ”を分かち合い、
“パシッと”はまる企画や戦略づくりへのご提案をとおして、
最終的にお客様とともに味わうあの“快感”。

それは本当に格別なものです。

会社経営には、きれいごとでは済まされない困難がつきものですが、
それにもかかわらず創業以来15年間、
なんとかくじけずここまでやってこれたのは、
この“快感”を私が知っていたからのような気がしています。

そうでなければ、とっくにくじけていただろうし、
ひょっとしたら起業という発想自体起こらなかったかもしれません。

いや、おそらくそうでしょう……
お会いいただいたことのある方はお分かりかと思いますが、
私はいわゆる「起業家」、「アントレプレナー」といった
イケイケタイプの人間ではありません。

新卒で最初に入社した会社が仏壇屋ということからも、
そのことがうかがい知れるでしょう(笑)。
まあ、どこにでもいる普通のおじさんです。

そんな私をここまで導いたのが、あの“快感”です。

私はこの15年の間に、みなさまとマーケティングにおける
“苦しみ”と“快感”を数多く共有させていただきました。

時には体に異変をきたすほど“苦しみ”、
また、時には明日死んでもいいと思えるほどの“快感”を覚えました。

“苦しみ”が大きければ大きいほど、得られる“快感”は大きくなる。

それを知っていたから、私はここまでやってこれたし、
経営者、マーケターとしても成長することもできました。

振り返ってみれば、こういった経験はすべて、
お客様からいただいたものです。

私をこのように育んでいただいたみなさまには、
いくら感謝してもしきれない想いでおります。
本当にありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*