起業するときに必要な決断とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業する決断
なぜ、あなたは独立したいのですか?

会社に勤めていたほうが
絶対楽ですよ
だって、給料が貰えないという心配はないし、
厚生年金も会社が負担してくれるし、
ボーナスだってもらえます。

有給休暇で連休も取り放題
退職時は退職金ももらえるし
こんな居心地がいいところはないですよ。

しかしあなたは、
いま独立を考えているんですね。

会社を辞めたいのは、
人間関係がうまくいかないから
一生懸命働いているけど会社が認めてくれないから
給料が安いから
やりがいがないから
残業が多いから家族と一緒の時間が少ない
など

そういう気持ちで独立するのは
危険です。

しかし、もしあなたが
最高の仕事を求めて独立するのでしたら
応援致します。

正直偉そうに行っていますが
自分の場合、は前の会社が倒産して
しょうがなく独立した組みです。

でも独立したおかげで、たくさんの人と出会い
いろんな経験も出来ました。
この経験に関しましては、
後日お話するとしまして

まずは、起業するのに必要な決断は

1、何をするのか? モノの販売?サービス?
2、どこでするのか?
3、誰と一緒に仕事をするのか?
4、いつ始めるのか?
5、いつ休むのか?

を考えて欲しい
創業当時は、ほとんどの社長が寝ずに
仕事をしていた会社がほとんどですが、
しかし、頭を休める、体を休めることも重要です。

僕の場合大体よる10時には寝て
朝5時には起床しています。
起きたらすぐにウォーキングです。
やはり早起きすると
寝るのも早くなります。

だからほとんどテレビなんて見ないです。

まずは、あなたのアイデアを事業として立ち上げ,

一定のキャッシュフローを生み出せるようにすることが大事です。

僕の場合、1年目で1億円の売り上げを運良く
クリアできました。

僕より優秀なあなたでしたら
もっと早くゼロから1億円の売り上げが達成できます

ゼロから1億円になるまでの問題、課題

主な問題点:事業計画を立てた。しかし自分が何をしているか、よくわかっていない
主な課題:販売による利益を出すこと
主な資産:とにかく顧客を集める、その中で優良な顧客を増やしていく
1億円になるまでの創業期は
とにかく事を進める、商品を売ることだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*