通信販売で売り上げを作るのに大切なもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通信販売で3つの○○を大切ににしている会社は成功しています。

通販起業・創業時に考えなければいけないことは
もちろん売上を上げて利益を出していくことです。

昔は、広告を出せば、大げさかもしれませんが、
どんな商品でも売れた時代がありました。

顧客もインターネットの普及により
情報をたくさんおもちですので、
すぐに衝動買いするということは
少なくなったような気がします。

しかし、今でも売上を伸ばしている企業は
起業・創業当時から3つの○○を大事にしています。

その3つの○○とは?
1、顧客リスト
2、オファー
3、キャッチコピー

の順番で大切にしています。

1、顧客リストについて

   通信販売で、
   顧客リストがなければ、利益は上がりません。
   1人の顧客を集めるのに
   業界にもよりますが、
   大体5000円から30000円くらい
   のコストが平均的にかかります。
   つまり初回購入では、なかなか利益が出ないわけです。

   しかし、一度顧客になっていただくと
   皆さんご存知のように、ダイレクトメールなどで、追加購入や
   定期購入に誘導して、初めて利益が少しずつ出ていくわけです。

   だから、顧客リスト、お客様リストは非常に大切なのです。
   これは、通販に限ったわけではありません。
   美容院、整体、レストラン、洋服屋などいろんな業界に当てはまります。
   飛行機会社もマイレージで顧客を囲い込み
   コンビニやスーパーでもポイントカードで顧客を囲い込みしています。

2、オファー

   顧客を獲得するためのオファー
   よくあるのが、○○%OFF,半額セール、全額返金キャンペーンなど
   魅力的なものでなければ、つまりその商品やサービスよが価格より魅力的でなければ
   お客様からYES(買います)はいただけないのです。

   また既に、一度買っていただいた顧客に、
   2回目の購入をお願いするオファーも重要です。
   こちらも魅力的でなければ、YESをいただけない。
   オファーの良し悪しで売り上げは、変わる大切なお客様への提案です。
   詳しくは、シムコブスの99通りのオファーで検索していただければ
   オファーの勉強に役に立つ

3、キャッチコピー

   アメリカでは、2,3行のキャッチコピーで数百万円稼ぐ
   コピーライターがいるほど、キャッチコピーのニーズは高い。
   日本でもたくさん書籍が出ているので、参考にしてください

   キャッチコピーを勉強するには、
   神田正典、ダン・ケネディー、シュガーマン、マイケル・マスターソン
   の本がお奨めです。

以上の3つが非常に大切なのですが、

肝心の商品やサービスは、どのようなものから始めたらいいのか?

まずは、自分が取り扱いたい商品をリストアップする。
当然、競合がなくて売れる商品が一番なのだが、
そんなに簡単には、見つけられない。

では、どうすれば?
商品は、3番目にあるキャッチコピーで売り上げが変わります。
だから、アメリカではいいキャッチコピーであれば
2,3行のコピーで、数百万円支払われます。

ということは、売りやすい言葉にできる商品やサービスを取り扱うべきです。
商品やサービスの開発段階から
「売りやすい言葉の使える商品やサービス」かチェックしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*