PDCAを身に着ければ営業も怖くない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、
マーケティングコンサルタントの神開です。
みなさん、PDCAってご存知です?

最近は、PDCA関係の本がたくさん出版されています。

あっ知ってるよというかたも
実際にPDCAを使って、営業をされている方は
そんなには、いらっしゃらないかもしれません。

実は、僕も、なんとなく理解してたつもりでいました。
しかし、方眼ノートのトレーナーになって
PDCAってこんな風にするんだ。と勉強した組です。

正直に申し上げますと
PDCAっていう中身を
このトレーニングで知ったのです。

それは、超結果手帳という手帳。
それを使い始めてようやく理解し始めました。
理解し始めたというのは、
PDCAを使って仕事をし始めたのです。

PDCAは簡単に説明すると

PはPLAN   やることを決める
DはDO    やった、やらなかった
CはCHECK  気づいたこと
AはACTION  次どうする?

ということなのです。

とっても簡単ですので
皆さんやってみてください。

はいここで、もしかすると
こんな悩みが出てくるかもしれません。

そうPの部分です。

毎日、今日何やろうか?なんて
悩んでいる方は、

Pが出ませんよね。
最初は僕もそうでした。

しかし、このPの部分で
PDCAの価値が変わってくるのです。

PDCAのPを決めるので
大事なことはGoalがしっかり
決めることです。

あなたが決めたGoal(目標)
売り上げなのか、新規開拓件数なのか?
それとも営業歩合をいくら稼ぐのか?
とGoalを設定しなければいけません。

そして、そのGoalは
具体的で数値化できるものでなければ
いけません。

なぜなら、どこまでできたのかは
数値以外達成率が出ません。

目標を立てるには
長期目標、中期目標、短期目標って
作られていると思います。

ただ、長期目標が1年先だと
PDCAを回すのは大変ですから
1年先の目標の進捗状況など
その途中で目標を変更されるものです。

ですから、90日いわゆる
四半期のGoalを設定することがお勧めです。

そのGoalに基づいたP
計画、やることを決めていくのです。

そしてDやったかやらないか?
できれば、その方法を記録する。

Cでなんで成功したか?失敗したか?
を考えるのです。やらなかった場合は
なんでできなかったか?
を自分に問いかけましょう。

無理な計画だったのか?
それともやる気がなかったのか?

Aでその改善策を考えて
新なP計画を立てていくのです。

これがPDCAを回すという流れになります。

もっと詳しく知りたい方は
PDCAのベストセラーを何冊か買って
学んでいくのです。

最初は本の通りに見よう見まねでいいので
やっていくことがPDCAを体得する早道です。

きっとあなたの求めていた結果が
達成できるようになり、
PDCAを回して仕事をするのが楽しくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*