起業時に必要な人材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが、創業・起業しようと
思い立って、最初は、

どんなビジネスを始めるか?
どういう風にスタートするか?

などと考えますよね。

僕も創業当時は
ワクワクしながら
手続きを始めていました。

営業をしながら
登記も自分でやって

結構忙しかったかけど
楽しい思い出でした。

そして、いざ
売上が上がり始めると
経理はどうすんの?

あと税金は?

経理の人を採用するかな?
と考えていました。

それよりも
税理士さんにお願いするという
のが一番の解決策でした。

しかし、税理士さんなんて
知り合いもいないし

どうしようと
思っていた時

運よく僕の場合
税理士さんをご紹介
頂きました。

インターネットなんて
そんなに情報がないので

そこでいいのかどうか?
というより

税理士さんを探すという
時間がなかったので、
助かりました。

数年後、他の税理士さんより
かなり顧問料金が高いことを知り

またまた、知り合いのご紹介で
新しい税理士さんと
知り合いました。

計算してびっくり
年間で5,60万円も
顧問料が違うのです。

正解でした。
5,60万円の利益を出す
事はとても大変なことですので

創業起業当時は
出来るだけコストを抑えたいものです。

今、マイナンバーのおかげで
会社を設立すると

税理士事務所からダイレクトメールでの
勧誘が大量に送られてきます。

値段もピン切りです。

そして
驚いたことに

税理士事務所のほとんどが
ダイレクトマーケティングを
勉強されているのです。

何と3回もほぼ同じ内容の
DMを送ってくるのです。

マーケティングの権威
ダンケネディーが
勧めている3ステップDMを
活用しているのです。

通販会社でも
やっているところが
少ない3ステップDMを

税理士事務所は実行しているんですよ。

コピーの内容も
正直驚くくらいスキルが高く、
思わず顧問になってほしくなるような
内容でしたね。

ダイレクトマーケティングは
すべての業界でも通用するという
のは本当なんです。

今は、
インターネットが普及しているので
税理士
弁護士
あるいはWebsiteを作る
デザイナーはすぐに見つけることができます。

人材を採用する前に
専門家にどこまで
やってくれるのか?

相談することを
お薦めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*