メディア(販売チャンネル)はたくさんある方がよい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、通信販売を始めるには
商品同梱でのスタートをお勧めした。

商品同梱は、いかに凄い媒体かを知っていただいたと思うが、
しかし、デメリットもあると書いたように、
拡大するには
少し物足りないところもある。

とりあえず、まずは、商品同梱での
成功事例を作っていこう。

成功した(レスポンスがとれる)チラシができたら
次はそのチラシの内容で、他の販売チャンネルにトライする

販売チャンネルというのは非常に大事で
あらゆる販売チャンネルで
成功していくことが通信販売で成功する秘訣だ。

よく、うちの顧客には、紙媒体は読まないから
紙の広告をだして無駄。
インターネットしかやっていないとか

うちの顧客は、インターネットなんか見ないし
紙媒体だけしかやらないって
企業があるが、その時点で、
販売は縮小してしまう。

 

ビジネスの鉄則は

通販の成功=顧客リスト×オファー×商品力

だから

顧客リストを集めることは大切
しかも良質の顧客リストを集めれば

通販は、絶対成功する。

反対に、新規顧客を集めない企業には、先はない

また、1つの媒体だけで集客する企業にも
良質の顧客が集まる見込みを減らしている。

 

通販で成功している企業は、必ず
ラジオ、テレビ、折り込みチラシ、
インターネットなどのメディア
販売方法を凄く活用している。

 

ジャパネットたかたは、
すべてのメディアを活用し、
新規顧客を獲得しているので
あれだけのビッグカンパニーが成長したことを証明している。

グーグルだって
インターネットだけでなく
ダイレクトメールの活用があって
新規顧客を集めて
あれだけ伸びた企業だ。

アメックスなんか
ダイレクトメールの件数
半端じゃないくらい発送している。

すべては、新規顧客の獲得のためである。

それも良質の顧客集客のためだ。

アメックスは、今までの集客方法の中で、
インターネット広告を出していても
良質の顧客を集めるには
ダイレクトメールが必要だと
知っているからである。

今はやりのSNSでの集客も
大切だが、他の販売チャンネルの活用も
考えることによって
良質の顧客を集めることができることを
忘れてはいけない。

次回は、集客をしたら
次に何をしなければいけないか?
について報告します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*