集客の原則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは
マーケティングコンサルタントの
神開です。

今回は
集客についてです。

実は、これ一番難しいですよね。
これができれば、もうあなたのビジネスは
成功したと言ってもいいでしょう。

どんなにいいモノを作っても
世の中にまだ出ていない
どんなにいいサービスをはじめても
売れなければ全く意味がありません。

売れなければ
給料も出ないし家賃や経費も払えません。

給料が欲しければ
売る、売る、売ること

昔は目新しい商品があれば
広告を出せば売れていた時代があったのです。

時計、洋服、靴、美術工芸品、宝石
など、なんでも売れていた時代。

しかし、現代は
モノ余りという時代と言われていますから

正直、洋服にしても
会社員だったらスーツと
休日用の季節に合わせた洋服があれば
いいのではないでしょうか?

でも、ごめんなさい。オシャレな方は
普段着も気を使われていますので
すべての方に当てはまるわけではありません。

ここ数年Yシャツと下着しか
買っていないのは僕のことです。

そんな世の中で
モノやサービスを売ることは
大変ですよね。

各会社のマーケティング担当の方も
苦労されていますよ。

ちなみに
マーケティングは売りやすくするための
手段ですので、販売がやりやすくできるように
リサーチすることです。

で、皆さんは
ネットや本で集客の方法
インターネットで集客
SNSで簡単に集客なんて

見たり聞いたりすると
なんか買って読んでみたいって
ことありませんか?

実は、僕は集客のために
いろんな本
インターネット集客の方法の本や
数十万のセミナーに参加したりして、

またはWEBサイトを作りなおしたりしていました。

しかし、まったく集客はできませんでした。

そうHOW TO集客ばかり
学び実践していなかったのです。

どちらかというと
楽をして集客したいと思っていました。

そして、このままでは
何も変わらいぞということで、
去年の12月からニュースレターを発行したのです。

このニュースレターは、
ネットではなく紙に印刷されたものを
案内文と一緒に封筒に入れ
万年筆であて名書きをし
郵便局で切手を貼ってクライアント様に送っています。

それを始めてようやく
1件、2件と新規クライアント様が増えてきました。

僕の方眼ノートの高橋先生が
おっしゃったのは、

集客の原則は
信頼と共感がなければ、出来ない。

まさしくその通りですね。

信頼と共感を得るには
じゃどうすればいいの?

先生は、集客は一夜で出来るものではない
手間暇をかけて、信頼と共感を得ることだと
おっしゃいました。

まさしくそれが答えです。
集客の方法ではなく

まずは、あなたが手間暇をかけて
顧客(この時点では見込み客)
から信頼と共感を得ることです。

じゃ手間暇をかける
ってどういうこと?

これはマーケティングにも共通するのですが
クライアントが欲しがる情報を
調べて池上さんのように
咀嚼して情報を公開することなのです。

その方法として
SNSやYOUTUBEが
活用できるというわけです。

僕が始めたニュースレターも
情報と体験談を出来るだけ分かりやすくし、
郵送しています。

本来はお金がかからない
ネットで情報公開すべきですが、

ネットの情報の95%以上は
信用されない時代

ダイレクトメールで送るのと
ネットで公開するのでは
約10倍近くの信頼性が変わるわけです。

だからたとえ経費がかかっても
ダイレクトメールという手間をかけて
クライアントに信頼していただき共感を
持ってもらうことに今は専念しています。

これからも何年も続けていき
見込み客が顧客になっていくまで
続けていきます。

皆さんも
ぜひ手間暇をかけて
見込み客から信頼と共感を得る
モノを作ってみてはいかがでしょうか?

きっと集客ができ
モノが売れた時には
これがマーケティングか?

と理解いただけると思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*