最初の難関:黒字化することの意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回どういったビジネスで
起業をするかについてをお話ししました。

今回は最大の難関である黒字化する
についてお話しをします。

会社に勤めながら
黒字化するまでは、
今の仕事を
やめてはいけないと何度も言っている。

しかし、僕と同じように
会社が倒産して、就職先がなかったり
思わぬリストラにあったり
して、起業する場合

最初に黒字化しなければ
よほど資金があれば別だが
赤字だったら1年で
倒産になるだろう。

実際日本では100社起業して
1年以上生き残る会社は
約8社といわれている。

つまり、約90社以上は
廃業しているのが実情だ。

だから、初年度に
黒字化することは、重要だ。

そして、何が何でも
黒字化すると自分との約束を守ること。

あなたが得意とする商品を買い付けて
販売していく場合、
訪問販売も悪くはないが、
1人で販売するには限界がある。

今は、インターネットや紙媒体で
ダイレクトレスポポンスといわれる
通信販売でスタートするべきだろう。

インターネットでの販売、
自社サイトであれば、リスティング広告
アフリエイト広告、SNS広告など
の広告料金を使わない限り
あなたのサイトで商品を売ることは難しい。

最近は、新聞広告や雑誌広告と同じように
お金がかかるので慎重に進めてほしい。

ショッピングモールで、販売する場合
コストととして、販売手数料は取られる。

しかし、インターネットで物を買う
人がたくさん集まるので
他より優れて、どこも扱っていない
商品であれば、期待できる。

でも、他社と同じ商品であれば
必ず消費者は安いところで買うから
きっと値段競争に巻き込まれ
売れたはいいが、利益が残らない
といったようなこともある。

実際、楽天のモールに出店していた
売り上げベスト5に入った会社が
倒産したという事実もある。

ということは他社が扱っていない
そして顧客が魅力的に感じる商品を
作ることが、モノを売るうえで
成功するかどうかのカギといえる。

仮にそのような商品を見つけても
一度のテストでなく
何度もテスト販売していくことだ。
そうすると消費者が
ほしがる魅力的な商品を
見つけることができるだろう。

その場合、リピート性がある商品 が
最もおすすめである。

例えば、健康食品や化粧品などだ。

多くの成功している通販会社は
そういったリピート性がある商品を
取り扱っている。

1商品だけで
1憶10億100億以上も
売上を上げている会社があるのだ。

それらは、みなリピート商品を
扱っている会社がほとんどだ。

リストラに合って
倒産したので商品を仕入れる
お金なんてないという方には
販売代理店からスタートしてはどうだろうか?

仕入れは売れたものだけ仕入れる。
そうすると初期投資はかからない。

しかし、広告宣伝費もないのだから
いきなり、たくさんの注文を
取ることはできない。

余裕が出るるまでは
ここで、しっかり広告に使える
費用をためていくことが大事だ。

他には、僕と同じように
広告代理店として
起業する。

初期投資はかからない。

代理店としてある程度の知識とスキルが
必要だが、断られても
あきらめない気持ちがあれば、

あなたにもきっと
広告代理店として起業できるだろう。

そのほかにも初期投資が
少なくて全くなくても
起業できるビジネスはたくさんある。

最後に起業するうえで
大事なことは
1年目で黒字化することだ。

なぜなら生き残れるのは
8%の起業家だけだから

そして、そこからが本格的な
起業家への道が始まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*