起業時に理想的な顧客を選ぶには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業を始めたばかりで顧客を選ぶことなんて
できないと思われた方もいるかもしれません。

しかし、考えてみてください。

顧客があなたの意欲と活力を与えてくれる
人々と仕事をする

あるいは、
あなたが売るものを喜んで買ってくれる

そんな顧客がいっぱいになると
ビジネスが楽しくなりませんか?

そう顧客選びは
友人を選ぶ時のように慎重にするべきです。

まず、あなたがやるべきことは、
理想とする顧客、あなたが最高の仕事ができる
個人や企業で、
活力や意欲を与えてくれる人または
環境を選ぶのです。

また既に顧客を持っている場合は
価値のない顧客を切り捨てるのです。

価値のない顧客とは
かかわるのが恐ろしい、あなたの生気を奪う
退屈で、イライラさせる、あるいは、
あなたに肉体的に危害を及ぼす

そんな連中とは取引しないことだ。

また、あなたが起業して
少々儲かり始めたころに
そういう連中が寄ってくるので、

ここは、壁を作っておいたほうがいい。

そういう連中は
ほんとにうまくあなたに近づいて
胡散臭い儲け話を持ってきたり
困り果てて何とか雇ってほしい
などと言って近寄ってくる。

それにうまく乗っかってしまうと
あとであなたは後悔するだろう

実は、僕もこの手の話に乗って
失敗したことがたくさんあり

また保証人になり、
借金を背をおわされた
苦い経験がある。

あなたには同じ失敗をしてほしくないので、
望まない顧客のタイプを
明らかにし、許容できない特徴や行動は
どんなものか?考えてみてほしい。

そして、今のあなたの顧客についても
今後も付き合いできるか?切り捨てるべきか?
じっくりと厳しく検討していこう。

疲れる顧客を切り捨て
良質の顧客つまりあなたが
一生懸命に仕事を一緒にしたい
顧客だけに絞ることにによって
あなたの仕事はきっとはかどるでしょう。

ちょっと過激な話になってしまいましたが
起業当時はどうしてもいろんな顧客を
取っていこうとするので、

最初の段階で顧客を選別することは
これからのあなたのビジネスを成功に
導くためにはやらなければいけないことだ。

当然のことだけど
価値のない顧客が「悪い」人
というのではなく
あなたにふさわしくないというだけだ。

ちなみに僕の理想としている顧客層は

・明るい、ポジティブ
・立ち直りが早い
・精神力が強い
・大きな視点で物事を考える
・協調性がある
・対応が迅速

あなたが持っている顧客の
イメージと違うかもしれない。

しかし、やはりビジネスは人と人
である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*