起業を目指す人に最も大きな障害となるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回最大の難関である黒字化する
についてをお話ししました。

今回は起業を目指す人に最も大きな障害
になるものについてお話しをします。

起業をする前の
最も大きな障害って
なんだと思いますか?

起業を目指しているあなた
だったら感じていますよね。

そう最も大きな障害
それは、不安です。

誰でも起業するときは、
失敗して、借金が増えるのではないか?とか
起業するスキルがまだ足りないから
本や起業に関するセミナーを受講しないと

などなど言い訳が頭に浮かび
二の足を踏んでしまいます。

しかし、あなたは、
現在勤めているのだから
家族を養っていく
給料はもらえているのです。

あとは、起業のための準備をしていく

そうまずは、スタートしてみることです。

本やセミナーで学んだことを
実践してみることです。

実践することによって
あなたは、起業するための勉強ができます。

実践なければ
いつまでも起業はできません。

そんな僕も、すぐになんでも
実践しているか?と聞かれれば、

昔は、ほとんど
目の前の仕事で
手一杯で、知識を得たもの
実践できていませんでした。

前職で倒産したときには、
取引先とのやり取りで
てんてこ舞いしていました。

どんなことをやったかというと
取引先に支払うものが、
今はお支払いできない現状
を説明にいったり、

逆に売掛があるところからは
決算なのですぐに支払いしたいと
言われて、今振り込まれると
2重に請求されますよと
説明したりしていました。

そう民事再生中は
銀行口座が凍結されますから
お金の出し入れができないのです。

そういう交渉を
約3か月くらいやっていました。

もちろんその時期は
給料も出ませんでした。

M&Aの会社が見つかって
取引先への説明もひと段落しましたので、
退職を決意し、
ある企業に就職しました。

退職願を出すときは
今まで10年間務めた会社での仕事を思い出し
目頭が熱くなったのを今でも覚えています。

新しい会社には、6か月間いたのですが、
会社のオーナーと意見が合わず
結局退職しました。

でも、その間何とか生活はできましたので、
そのオーナーには本当に感謝しています。

そして、ようやく
起業をすることを決意したのです。

会社倒産してから
約1年後でした。

正直回り道をしましたが、
1年目は、起業の知識がなくとも

今のようにインターネットで情報なんて
ありませんでしたから

がむしゃらに働いて
何とか1年目で1億2000万円の
売上を作ることができました。

現在は起業するためのセミナーや
書籍、WEBなどで勉強することができ
起業する知識を身に着けやすい環境です。

起業するチャンスを逃さないためにも
不安を持つのではなく
慎重に起業を実践していき

そうして身に着けた
あなたの成功例をたくさん増やして
行けば、起業することの
不安は消えてなくなります。

思い立ったら
すぐに行動に移しましょう。

最後に
2018年の僕の目標は、
思い付いたらすぐに
「行動」をおこすです。

すぐに行動を起こすためには
マインドマップ、フュチャーマッピング
などで、ゴールを設定します。

そして、超結果手帳を使って
10倍速で行動を始めるのです。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

神開隆一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*