イベントを活用して DMのレスポンスを上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトレスポンス広告の神開です。

今回はイベントを活用して
DMのレスポンスを上げる方法

についてお話しをさせていただきます。

先月の話になりますが、
あなたは父の日に
何かプレゼントって
ございましたでしょうか?

僕は、娘からワイン、息子からビールを
もらい、また妻からは焼肉を
ご馳走してもらいました。

いや、うれしいですね。
特にこの年になると・・・

マーケティングの中でも
父の日、母の日、誕生日
バレンタインデー、ホワイトデー
などいろんなイベントがあります。

それを活用することは非常に
有効です。

通販会社の中には
誕生日DMという
ダイレクトメールを出している
ところもあり

その会社の担当者にお話を伺うと
誕生日DMが一番レスポンスが
高いと言われていました。

なんでも新商品やリピートDMの
約2倍ほどの反応があるとのこと

イベントDMは効果があるということですね。

レスポンスが取れる
イベントを作る方法を今一度
皆さんとシェアしてみたいと
思いますが、

準備はよろしいでしょうか?

例えばこんなイベントが思いつきませんでしたか?

誕生日DM
父の日DM
母の日DM
決算セールDM
暑中見舞いDM
年末、歳末DM
新年DM
バレンタインデーDM
ホワイトデーDM
クリスマスDM
新商品発表DM
野球なんかだと優勝感謝DM

まだまだいろんなイベントが
作れそうですね。

これであなたが見込み客に
ダイレクトメールを送る理由が
できました。

イベントが近づくと
何か心がウキウキにしてきますので、
きっといい成果が出ますよ。

今日からダイエットを始めるぞ
と見込み客が決心したとき
それが誕生日か新年か父の日か母の日か?
わかりません

でも、そのタイミングで
ダイエット食品やスポーツジムの
ダイレクトメールが来ると

たぶん開封してくれ、あなたが書いたレターを
きっと読んでくれるでしょう

何かを始めるきっかけというのは
いつ見込み客がやってみようと
思うか?わかりませんので

いつも見込み客と
つながっておく必要がありますよ。

僕も営業で苦い経験をしたことが
あります。

見込みがあると思って
クライアントのところに
何度も通っていた。

しかし、契約がなかなか取れないので
あきらめて訪問を辞めていた。

そして6か月後久しぶりに
その見込み客のところ
に行ったところ

ほかの会社で、すでに契約されていた。

こんな悔しい思いをしたことが
たくさんありました。

なぜあれだけ
買うときは、あなたからと言っていたお客が
ほかの会社で契約したんだろう
と悩んでちょっと人間不信になってしまったこともあります。

その後、マーケティングの勉強を始めて
少しでも見込みがある顧客とは、
何かしらつながっておくことは
大切であると学んだのです。

もっと早くマーケティングを勉強していれば
契約が取れなくても

月に1回くらい訪問できないときは
手紙を出して、つながりを作っておけば
よかったなあと反省しました。

皆さんも見込み客を
見つけたら

イベントをうまく使って
見込み客とコミュニケーションを
維持していきましょう。

そして、
常に見込み客には
価値のある情報を紹介することです。

きっと見込み客は
あなたのファンにになり
顧客と変わるでしょう。

いかがでしたか?

あなたの「ここがもっと詳しく知りたい!」
「起業したいけど何からすればいいの?」
というかたも、こちらから
お気軽にどうぞお問い合わせください。

jline@tmcg.org

*神開隆一が読ませていただいて、
返信させていただきます。

またこのブログが役に立つなあと
感じていただけましたら

あなたのブログ、FACEBOOKやTWITTERなどで
ご紹介いただけますと、とてもうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*